生産者大会

 毎年一回、三重県内で花や観葉植物を栽培している鉢物の農家が一同に会する集まりがあります 毎年場所を変えて行われるのですが、今年は四日市が開催地に当たってきました
 開催地ということで、会場の手配から来賓の招待等々・・・ なにかと現場は忙しくなります
 また、やはり花の生産者の集まりということで会場の飾りつけにも気合いが入る訳です
 今年は僕も役員として飾りつけの段取りに参加させていただきました 四日市温室園芸組合の努力の成果をご覧ください



 まずは原案作り いろいろと意見を出し合い、だいたいのイメージをまとめます

 おおまかなイメージができたら、今度はそれを具体的に絵に描いて色合いや配置を考えたり、予算を計算して割り振ったりします
これがなかなか気を遣うんですよねぇ・・・(^^;)

 今回の植材のメインには竹を使うことに決まりました 早速、竹を調達して準備に取り掛かります

 写真では竹をバーナーで炙っています 火で炙られた竹からは油が浮き出て、驚くほど綺麗な緑色になります

 上が切ってきたままの竹 下が火で炙った竹です 全然違うでしょ? 実際にやってみると面白いほど違いが分かるので楽しいですよw

 管理人考案の飾り台を作成中です コンパネを半円状にカットしています

 作品のイメージや、予算の範囲内でいかに綺麗に飾り付けるか また、いま調達できる植材の花の開き具合や背の高さ、入手可能な鉢数などなど・・・ 議論すべき課題は山積みです また、当日は限られた時間内で飾り付けを完了させないといけませんので、具体的な仕事の割り振りも決めていきます

 議論は深夜にまで及びます

⇒次のページへ

⇒次のページへ