ポリアンサスの用土消毒

 ポリアンサスの苗も随分と大きくなってきました もうすぐ植え替えをします 
 植え替えするための準備も一足早くかからないといけません 





 ポリアンサスもシクラメンと同様、土をしっかり消毒しないといけません これをしないと、土の中に雑草の種が残っていたり、害虫や病気がそのまま土の中に残ってしまいます 
 植え替え時にはどうしても根にキズがついてしまいますので、そういうものは極力抑えてあげなければいけません 

 ポリアンサスはシクラメンとは違い、屋外で鉢上げします 室内で鉢上げ作業をするシクラメンは箱の中で消毒し、(⇒こちら)そこから小箱に小分けして温室内に運ばないと作業ができません 
 逆に、ポリアンサスは外に土を運ばないといけませんので、箱の中で消毒してしまうとその後の作業がとても大変になってしまいます 
 以前はサンヒュームというガスを使って土を消毒していたのですが、環境問題に対する配慮から、法律で製造が中止されてしまいました 
 僕もガスによる消毒はあまり好きではありませんでしたが、それに変わる消毒方法を何度も思案した結果、この方法を考え出しました 

 ムカデのように配置したブロックの上に板でフタをし、蒸気の通るトンネルを作っていきます 

 そして、その上に土を盛って準備完了です 

 いつもと同じように蒸気を送ります 量も多いので、ムラなく熱をかけるには神経を遣います 蒸気でパンパンに膨れ上がったと思っても、あちこちまだ温度の低い場所があるんですよねぇ・・・ 
 念入りに温度チェックも欠かしません↓