ポリアンサスが発芽しました

 ポリアンサスの播種は5月下旬に行います 消毒した土に種を蒔き、その上に乾燥防止用のガラス板を置き、更にその上に遮光用の新聞紙と銀色のスクリーンを置きます
 花の種類によってタイプはいろいろですが、ポリアンサスは水と暗さに反応して発芽が始まります 覆土して水をやると芽が出るというのはこういうことなんですね

 このガラスは、温室を建てた時の残り物です かなり昔からあります 何年ぐらい経つのかな? あんまり綺麗じゃないですね

 これがポリアンサスの芽です まだ光に当ててないのでひょろひょろです 写真では分かりにくいですが、背の高さは2〜3cmくらいですね

 上に乗せてあるものを取ったあとは、エキスパンダーを乗せておきます この上にスクリーンを置いて光の量を調節したりもできるし、猫が上を歩くのを防いだりと重宝します

 

 シクラメンはこんな状態です 少しずつ大きくなり始めました

 ひとつひとつ手作業で植えていきます

 大鉢用の株には、余分に肥料を与えます 写真では、マグァンプという肥料を約2gほど施用しています この肥料は緩効性で、株を痛めにくいので気に入って使ってます

 次々と苗を植え替えていきます 蒸気消毒の終わった土は、写真のように箱に小分けして運びます 根が傷まないように、土が冷めてから植え始めます

 トルコキキョウが咲き始めました まだまだ咲き足りないので、出荷はもう少し先です でも綺麗ですね

6月22日 上の写真から1週間もたってません

 トルコキキョウがこんなに咲いてきました そろそろ本格的に出荷準備に入ります これからは一気に咲いてきますよ

 6月24日 トルコキキョウ初出荷です まだまだ数は少ないですが、ひとつずつ袋に入れて配色や背の高さを考えながらケースに入れていきます 出荷待ちの花はすごい綺麗ですよ
 袋が被せてあるのが分かりにくいかな?