シクラメンも落ち着いてしばらくはのんびりしてたんですが、そろそろトルコキキョウの鉢上げをします

 トルコキキョウの鉢上げは、シクラメンとは少しやり方が違います
 まず、鉢に土だけを入れて先に並べてしまいます 写真は、苗を植えやすくするために土だけの鉢に水をかけているところです

 苗も立派になってきました トルコキキョウは意外と成育が緩慢なんですよ

 苗を鉢の上に載せた状態で作業をしていきます 

 根を痛めないように、ピンセットでごっそり抜き取ります  このへんはシクラメンと違うところですね

 抜き取るとこんな感じ プラグ(差し込み)みたいになってるでしょ?
 プラグトレーってのはそういう意味です



 指で穴を開けて、その中に苗を植えていきます

 植えたら土を整えてできあがり 簡単でしょ?

 でも数が多いんですよこれがまた(TOT)

 ちなみに、種まきの時に試験したスリットトレートと従来のプラグトレーの比較ですが・・・

 スリット式の方が長くゆったり伸びている印象を受けます まぁ、スリット式の方が深いから長いのは当然として、トルコキキョウの根の性質上、やっぱりスリット式の方が合うのかな?というふうに考えています

⇒次のページ

⇒次のページ

⇒ポリアンサスが咲きました

⇒ポリアンサスが咲きました