ガーデニングシクラメンの播種

 シクラメンの種を蒔き、発芽させるにはけっこう温度をかけてやらないといけません
 今の時期は温室全体を暖めていると非常に効率が悪いので、種を蒔いたトレーだけを別に温度管理します

 まず、種を蒔いたプラグトレーを管理するための簡易の温室のようなものを作ります

 これは温床線といって、通電すると線自体が発熱します けっこう熱いですよ

 保温効果を高めるためにまずダンボールを敷き、その上に絨毯を敷きました

 線どうしが触れ合うと危険なので、配線も工夫します 絨毯にも触れないように気をつけて・・・

 配線が完了したら上にエキスパンダーを

 更にその上に新聞紙を敷いたら、種を蒔いたプラグトレーを並べていきます

 これはサーモスタットといって、こちらで温度を設定してやると自動的に温床線の通電を制御し、温度管理をします 小さいですがハイテクですよ

 並べたプラグトレーに水をやったあと、更に新聞紙をかけていきます
 これは遮光と保湿が目的です  暗くしてやらないと発芽しませんからね

 最後にビニールを被せて完成 ビニールハウスと同じ理屈ですね
 なかなか手間かかってるでしょ?