4月19日






今日は道場の練習日です















いつものように道場に来ると

なぜかドアの鍵が開いています






なんでだろう?






と、

不審に思い中を覗いてみると・・・































・・・・
















・・・・ん?

















・・・・・














んんん??

















もういっぺん確認












・・・・























・・・・・・





























・・・・・パンダだ・・・・・














一体なぜこんなところにパンダが・・・?



様々な憶測が飛び交います

きっと誰もが戸惑うに違いない

道場に入ったらパンダがいるんです



しかも正座してます



僕も長年格闘技をやってますが

道場でパンダにはなかなか遭いません











なんでこんなところにパンダが・・・・



いぶかしく思いつつも

練習を始めるためにウォーミングアップをします




























































軽くシャドウ・・・はっ!













こっち向いた!!
















するとパンダは手を付き

僕に試合を申し込んできました



どうやら彼は道場破りだったようです



パンダから挑戦を受けるとは意外でしたが

これから戦う相手に対し礼を尽くす

きちんと礼儀をわきまえています



ここは僕も丁重に受けて立とうじゃないか

















お互いに座して見合い神経を研ぎ澄ます・・・

ピンと緊張の糸が張り詰めます














お互いに・・・

















礼!!














はじめぃっ!!!!
















まずは距離をとってパンダの出方をみようじゃないか



と、思ったその時!


























構えができてる・・・














このパンダ
スキがありません






ふっ、ただのパンダじゃないということか

面白い



ならば俺も本気で相手になってやろうじゃないか




パンダとの戦闘は経験がありませんが

この体格差であれば

僕のリーチとスピードを活かした遠距離戦が有効なはず
















まずはジャブだ!!














飛んでいる蜂をも叩き落す左ジャブ

パンダにかわせるはずはない!














バシィッ!
















なにぃっっ!!?














俺のジャブが見切られただと?







しかも

基本できてるクセに変な受け方だ

ちょっとかわいいじゃねぇか!






くそっ、ひるむな!
















ズドン!!












間髪入れずに返しのボディ!



そしてすかさず距離をとり

体制を立て直し・・・・って



























き、効いたのか・・・?(汗)















その巨体に惑わされて考えもしませんでしたが

パンダにはボディが有効なようです
(ぜひ試してみてください)






よし、一気にカタをつけるぞ!






・・・と

思ったのですが

パンダは腹を抑えたままなかなか動きません



なんだかすごく悪いことしたような気になってきました
向こうから勝負を挑んできたんですが・・
















だ、大丈夫か・・・?














と、

心配して近づいたその時!















うが!














キレやがった!(汗)















ちゃらんぼちゃらんぼ!













うが〜!!
















うぎゃぁぁぁぁあああ!!


















いだだだだだだだだ・・・・



















ごろごろ

















ごろごろごろ


















ごろごろごろごろ


















ごろごろごろごろごろごろ・・・・
















ごふっ・・・・














しばらく僕でごろごろと遊んだら気が済んだのでしょうか

爽やかに決めポーズを決めて帰っていきました






一体なにがしたかったんだ・・・・!?






と、

薄れゆく意識のなか

必死にパンダを追う僕の目に映ったものは・・・














おう、オレだ












きっちり白黒つけてやったぜ!














それが言いたかったのかよ(T▽T)
携帯もパンダだし・・・

















こうして

僕を襲った謎の刺客は姿を消しました



一体何者だったのか

ほんとに何しにきたのか定かではありません















しかし・・・
















なんだか長い付き合いになりそうな気がします





待て、次号!