2月22日


僕の甥っ子は今年の4月から1年生になります

この頃ってほんとにワクワクしましたよね

甥っ子もそれはもう楽しみなようです





そりゃそうですよね





僕も当時はランドセルだ学習机だと

大いにはしゃいでた記憶があります







今日はうちの両親が

甥っ子の学習机を買いに一緒に出かけていきました 

僕は一人で留守番です






そういや俺の時は
電車の絵がついた机を買ってもらったよなぁ・・・







などと昔を懐かしみながら作業を続けます






思っていたよりも早く両親は帰宅しました


仕事も終えて食卓を囲み


甥っ子の話で盛り上がります














いやぁ 早いもんやな
もう一年生かぁ〜
机買ってもらって喜んでたやろ?(管理人)















そら喜んどったな(父)














どんなん買ったん?(管理人)














けっこうええやつ買うたぞ
でもまぁあいつらは
ピカチュウが嬉しいんやろうけどなw(父)















などと他愛のない会話を楽しみます

なんだか懐かしい光景が目に浮かびます

当時はそれこそ机の使い勝手や品質のよさなんかよりも

机の上に敷くマットの

中に入ってるキャラクターが最重要ポイントでしたw

けっこう本音はそんなもんじゃないですかね














でも年を重ねるにつれ

やはり愛着がわいてくるものです














辛い勉強を一緒に頑張るのも














好きなひとの名前をそこらじゅうに落書きするのも














あんまり見つかりたくないものを
見つけられてヘコむのも















一緒に経験する机なんですよね
(T△T)














いまでもいい思い出です

大切な買い物なんですよね






甥っ子もこれから小学生か・・・






と、微笑ましい光景をいろいろと思い浮かべていました














そうそう、そういえば(母)














ん?














こないだ保育園で
女の子から男の子に
お手紙を書いたらしいんやけど(母)















ほぉ









そういや僕も昔そんなことやった気がします

手紙を書く練習ですよね

実際にポストに出したのかどうかは分かりませんが

そういうやりとりもいい勉強です






保育園児どうしの手紙のやりとりってのもかわいらしいもんでしょうね






母の話は続きます














その手紙に
すきなおさかなはなんですか?
って書いてあったらしいわ















好きな魚?















子供らしくてかわいらしい質問ですね

普通に大人同士のやりとりで






あなたの好きな魚はなんですか?














という手紙が届いてしまったといような
シチュエーションを想像するのは
とりあえずやめておきましょう














ほぉ〜 かわいらしいな
で、なんて答えたん?(管理人)



















くだものです
って答えたらしいわ(母)



















????( -"-)????














・・・・














それでね(母)

















僕が言葉を失っている間に母親の説明は続きます
















先生に言われたらしいわ
















お手紙にはおさかなって書いてあるでしょ?
だから好きなおさかなを教えてあげないといけないよね〜















さすがは先生

きちんとフォローの仕方も心得ていらっしゃるようです

そして、丁寧な説明で甥っ子もやっと要領を得たらしく

手紙をきちんと訂正したそうです

そしてそこには














まぐろです



















書かれていたそうです






















うちの甥っ子は将来有望です